お店をさがす

求人をさがす

スタジオをさがす

特集

TOP/特集/新宿2丁目の輪


新宿二丁目の輪『ともちん編』


新宿二丁目の輪
新宿二丁目観光バー

新宿二丁目オネェスターズ

今回は、新宿二丁目で働く
通称ともちん。

――ともちんさん、今日はよろしくお願いします。
 
あ、どうも。うまく答えられるかどうか、
ちょっと分からないですけど、よろしくお願いします。
 
――新宿二丁目で働きだしたきっかけは?
 
自分がゲイだからっていうのはもちろんなんですけど、
お酒も好きですし、夜のノリというか、雰囲気も好きで。
それで、二丁目に行くだけ行ってみようかと。
 
――ゲイでお酒が好きだったら、二丁目は天国ですもんね。
 
はい。でも、当時はお金がなかったので、二丁目のお店には入れなくて……。
 
――どうやって飲んだんですか?
 
夜、散歩をしながら誰かに声をかけてもらって
その方の行きつけのバーにご一緒する、というのを一年ほど続けました。
 
――(笑)。すでにお水の素質があったのかもしれませんね。
 
それはどうだか分かりませんけど(笑)。
そうやって飲んでるうちに働く側に興味を持つようになって、
インターネットのサイトで募集していた求人を見て応募しました。
 
――やっぱりいまはインターネットなんですね。
 
はい。ありがたいことに、面接のあとすぐに採用されまして。
 
――働き始めた頃はどんな感じでした?
 
当時のママがものすごく怖くて(笑)。
毎日のように怒られて、何度も辞めようと思ったんですけど、
何だかんだで一年ほど働いてると、だんだん慣れてきて。
 
――忍耐強いですね。
 
もう、怒られることに快感を覚える方法を身につけましたね(笑)。
 
――マゾですね~(笑)。
そんなに怖いママさんって、どんな方だったんですか?
 
殴る、蹴るみたいな暴力は一切なかったんですけど、
お客様に対するマナーや一般常識が欠けてると、
たとえどんなに細かいことでも、どこが間違っているのか、
どうしたら良いのか、お客様の前だろうが閉店後だろうが関係なく、
教育の名のもとにご指導していただきました。
これ以上はちょっと……(笑)。
 
――ママというよりはお師匠さんみたいな方だったんですね(笑)。
話が戻りますが、ゲイ目覚めたきっかけは?
 
きっかけというきっかけはないんですけど、
単純に女性に対して性的な感情が持てないのを、
思春期の頃には自覚してましたね。
同性に対して恋愛感情を抱くのが、
自分の本来のセクシャリティなんだとも。
 
――カミングアウトはしてるんですか?
 
学校の友達や先輩にはカミングアウトしてますが、両親にはしてませんね。
 
――では、最後に一言!
 
新宿二丁目のオネェスターズというお店で働いてます。
ともちんに会いたかったらお店に来てください。
初心者の方でも女性の方でも入店オッケーなので
ともちんと一緒に遊びましょう!   ともちんでしたー。
 
新宿二丁目ゲイバー

ーーありがとうございました(笑) 
では最後にお友達を紹介してもらえる? 
 
次号は 同じ二丁目で働いている『コナン』を紹介します。
 

オネェスターズ

新宿2−14−8信ビル2F
03-6380-0318MIX
http://oneestars.com/

 

 
 
 

 

 
新宿二丁目ゲイバーJET
新宿二丁目観光バーオネェスターズ
新宿二丁目への行き方
新宿二丁目タイ古式マッサージAsian
新宿二丁目コインランドリー